8月 28, 2015

男性の勃起不全や勃起障害の原因は、心理的な要因による心因性のもの、神経や血管などの体に問題がある器質性のもの、心因性と器質性の混合型などがあります。シルデナフィルは、このいずれのタイプでも良い効果がみられる薬です。ED治療薬として有名なバイアグラは、シルデナフィルをED治療薬として使用する際の名称です。 シルデナフィルには、ホスホジエステラーゼ5を阻害する働きがあります。ホスホジエステラーゼ5は陰茎海綿体に多く存在していて、血管を広げる働きを持つ物質を分解して勃起を止めてしまう酵素です。シルデナフィルを服用してホスホジエステラーゼ5を阻害することで、陰茎の海綿体平滑筋の緊張が解けて血流が良くなるため、十分な勃起につながります。国内外で多くの臨床試験が行われており、症状の度合いにもよりますが約70~90%という高い割合で有効とされている薬です。 シルデナフィル服用後の約30~4時間の間に性的刺激が加わることで効果が現れるので、性行為の約1時間前に服用するのが効果的と言われています。効果はやや短めで、局所に作用し、性欲を高める作用はありません。服用は1日1回までで、服用間隔は24時間以上あけることが大切です。 というのも、もともとシルデナフィルは血管を拡げる狭心症の薬として研究・開発されたものでした。今ではレバチオという名称で、難病に指定されている肺動脈性肺高血圧症の薬としても認可されています。適正量を守らないと必要以上に血流が良くなるため、極度の低血圧症状になったり、場合によっては命に関わる事態になる恐れもあります。特に狭心症や心不全の治療に使う硝酸薬を使用している人は、2重に血流改善薬を飲むことになるので注意が必要です。それ以外の方でも、効果が高いからと安易に使用するのはやめましょう。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme