7月 26, 2015

男性の勃起障害や勃起不全など、いわゆるED治療薬として有名なバイアグラは、シルデナフィルという成分で出来ています。そしてシルデナフィルは、レバチオという名称で肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使われています。 肺動脈性肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る血管(肺動脈)の血圧が高くなる病気です。この病気は肺動脈の末梢にある小動脈の血管が狭く硬くなってしまうために起こります。何故血管が狭く硬くなってしまうのかは未だ解明されておらず、国の難病に指定されている病気のひとつです。 この病気では、心臓から肺へと無理やり狭い血管に血液を押し出さなければならないため、心臓に大きな負担がかかって全身への酸素供給がうまくいかなくなります。初期症状はあまり感じませんが、病気が進行すると動悸、息切れ、めまいなどのほか、ひどくなると少し動いただけで息苦しくなったり、意識がなくなったり、心不全を起こすこともあります。 シルデナフィルには、血管の平滑筋をゆるめる物質(サイクリックGMP)を分解する酵素(ホスホジエステラーゼ5[...]
Read More »

7月 1, 2015

通称EDと呼ばれる勃起不全になってしまい、夜の生活では今まで奥さんの嗜好に合わせた性行為を長時間行えていたのに、まったく奥さんの期待に応えられなくなったという方は結構多いと思います。 EDの治療薬としては一世を風靡したバイアグラが有名です。 バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルと呼ばれるものです。 バイアグラは一錠飲むだけで効果が出て、服用後すぐに使用でき大体5時間ほど効果が持続します。 バイアグラは飲むだけで勃起するようなイメージを持たれているようですが、バイアグラを飲んだだけで勃起はしません。 バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルの効果が出るのは勃起後の硬さと硬直時間についてです。 勃起がおさまるメカニズムは、体の中にある5型ホスホジエステラーザと呼ばれる物質が勃起を促す働きを抑制するためおさまるのですが、クエン酸シルデナフィルの効果によりこの抑制効果が働かなくなり、勃起を継続できるようになります。 クエン酸シルデナフィルはこのような勃起不全の治療だけでなく、血管を広げる効果もあるため、高血圧や心不全などの治療にも効果があります。 非常に効果が高いバイアグラですが、人気の商品でもあり値段も高めです。 この値段のため継続的な使用ができないような方もいると思います。 そういった方におすすめなのがシルデナフィルという名前のバイアグラと同じ成分と同じ効果で安価な薬です。 なぜ効果などが同じなのに安いのかというとシルデナフィルのほうはバイアグラのジェネリック医薬品と呼ばれる薬だからです。 ジェネリック医薬品とは特許の切れた薬を同じ内容にもかかわらず研究費などがかかっていないため安くなる薬のことを言います。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme