シルデナフィルと成人病の関係とは

シルデナフィルはED、勃起不全症状を改善するために使用されている医薬品です。
これは血管に作用することで勃起状態を維持しやすくする効果があり、かつ安全性も非常に優れているということで全世界で愛好されるようになりました。
これが必要になる人は当然EDを抱えた人だということになるのですが、実はこのEDは誰にでも発生しうる症状なのです。
そしてその発症リスクが非常に高くなる人というのが成人病を患ってしまった人です。
さて、ではどうして成人病を患うとEDの発症率が高くなるのかというと、これは高血圧などの病気が勃起不全を引き起こすからです。
塩分過多や肥満、運動不足などで血圧が高くなってしまったという人は非常に多いのですが、血圧が高くなるということは血管が傷みやすくなるということでもあります。
血管に本来であればかからないような圧力、血圧がかかるわけですから、血管は通常の人の何倍も痛みやすくなるのです。
血管が痛むとそこではかさぶたのようなものである血栓が形成されて、破れてしまわないように補強を開始します。
すると血管の壁は厚くなり、それによって血液の道は狭くなるのです。
問題となるのは、この血液の道が狭くなることによって陰茎部に運ばれる血液が減少するということです。
勃起状態にある陰茎はその状態を維持するために常に血液を送り続ける必要があるのですが、血液の通り道が狭くなってしまうと、運び込まれる血液が減少してしまい、勃起状態の維持が困難になり、EDに至るのです。
また前立腺がんなども広義の成人病に含まれますが、前立腺がんもEDを引き起こすリスクとしては無視できません。
そのため普段の生活があまり好ましいものではない人や、仕事が忙しい人がEDになったというような場合には、必ず成人病を疑う必要があるのです。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme